SELECTED ENTRIES
Sponsored Link
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

セキュリティー ブログ

防犯や防災などの、身近なセキュリティーに役立つ情報をお届けしています。
| main | 護身用具:護身用具について >>
侵入対策
0
     侵入盗による盗難被害は、年々増加傾向にある中、各メディアで「ピッキング」の手口が報道されたことにより、防犯機器や錠前の各メーカーは、ピッキング用の対策商品や防犯グッズを開発・販売してきました。それにより、ピッキング被害が減少傾向をたどるという結果になり、防犯対策商品の必要性とその効果が認知されるようになりました。
    ですが、「カム送り解錠」「サムターン回し」「焼き破り」といった、ピッキングに変わる新たな侵入手口が出現しています。

    そして玄関の防犯対策ばかりでなく、一般的にドアよりも数の多い窓の防犯対策を忘れてはなりません。

    統計的には、侵入経路は窓からという犯行が、圧倒的多数を占めているのです。

    焼き破りなどは特殊な技術は必要とせず、ライターでも実行可能なため、被害が急増しています。特に2階に寝室のある一戸建て住宅の1階窓が、被害にあう傾向が高いようです。家人が在宅していても、気づかず侵入され被害にあうというケースも・・。


    ここでは、各侵入手口による、具体的な対策をご紹介します。


    代表的な侵入手口

    1 ピッキング   
    用具を使い、錠のシリンダー部分を操作し、解錠すること。

    2 サムターン回し

    サムターン(鍵を使用せずに回転させて解錠操作をするつまみ)を、 扉の隙間、扉にある郵便受け、窓ガラスを壊す、ドアスコープやドアノブを取り外す、ドリルで穴を開けるなどして、特殊工具等をさし入れ、操作する。


    3 カム送り解錠(バイパス解錠)

    特殊な道具を使い、錠シリンダー部分を迂回し、直接錠ケース内部を操作して解錠する手口。

    4 ドア錠破り

    ドアの隙間などにバール等を差し込み、強制的にドアの錠を破壊すること。


    5 焼き破り

    小型のバーナーや強力なライターを使用して窓ガラスを熱し、ヒビをいれてガラスを破り、クレセントを解除するという方法。



    各侵入手口の対策方法


    1 ピッキング

      
     錠シリンダーをCP−C錠(※)等の耐ピッキング性能の高いものに交換。
    CP−C錠の種類、価格は様々ですが、ドライバー等の工具で取り付けることができます。

    ※ (財)全国防犯協会連合会において、錠シリンダーの耐ピッキング性能と強度を審査し、型式認定するCP−C錠制度を施行しています。


    2 サムターン回し

     メインの錠前以外に補助錠を取り付ける、サムターン回し対策用具などを使用し、サムターンが回らな  いようにしてしまう。

     サムターンカバー(サムターンに外部から直接接触することができないようにサムターンを防護するためのカバー)を扉に取り付け。
      
     サムターンカバーの価格は比較的安価で、簡易に取り付けることができます。


    ※対策用具の中には操作が複雑なものもありますので、緊急時の避難の際に障害とならないよう十分ご注意ください。

       
     ロック・カバー(鍵穴部又はサムターン部を外周部から覆い、更にこれを外部から施錠するもの)を装着。
     
     両面シリンダー錠を取り付ける。(取付については、専門の施工業者にご相談下さい。)

     

    3 カム送り解錠(バイパス解錠)

     解錠される危険性のある錠前の種類は特定されており、現在ほとんどの錠前が対策済みになっていますが、古い錠前を使用している場合は対策が必要です。

     メインの錠以外に補助錠を取付ける、またはカラー部が浮き上がらないようにしたり、すき間を隠してしまう工夫をする。

     

    4 ドア錠破り

      ワンドア・ツーロックとガードプレート

    補助錠を扉の上部などに取り付ける。(ツーロックにする。)

    扉の隙間を塞ぐ、ガードプレートを取り付ける。



    5 焼き破り


     ガラス戸の外からは見えづらい場所に補助錠をつけ、短時間で窓が開かないようにする。

     道路から見えずらい窓がある場所には防犯カメラや、センサー付きのアラーム・照明等を設置する。
    | 防犯対策 | 03:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

    Sponsored Links

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2007/05/01 9:24 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2008/12/02 3:52 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2008/12/02 3:57 PM |










    http://securityblog.legion-jp.com/trackback/72748