SELECTED ENTRIES
Sponsored Link
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

セキュリティー ブログ

防犯や防災などの、身近なセキュリティーに役立つ情報をお届けしています。
<< 侵入対策 | main | ホームセキュリティー:環境の変化にもご用心 >>
護身用具:護身用具について
0

    護身具といっても、さまざまなものが出回っています。
    そこまで行くと護身用ではなく、凶器にしか思えない、なんてものまであります。(通常それらの護身具の携帯は違法となります。)
    ここで、まず護身とはどういうことかを考えてみてください。

    護身とは”とにかく、自分自身が危険な場所や状況から抜け出せる”ということです。

    護身用具とは、それを手助けするためのものなわけですね。

    たとえば警棒などは一見、護身に威力を発揮しそうですが、ある程度使い方を心得ていなければ、暴漢を死傷させてしまう恐れもあり、非力な年配者や子供には扱いきれず、逆に相手に奪われでもしたら大変です。

    また、携帯性も良く、誰でも扱えるスタンガンなども、その高電圧により、暴漢がショック死という事例も海外ではあるのです。

    逆に電圧が低すぎ、痛みで暴漢が逆上してしまったということもあるそうです。
    そしてスタンガンの一番の短所は、相手に触れなければ威力がない!ということです。
    逃げ出さなければいけないのに、自分から相手に近ずかなければならないなど本末転倒です。

    これらを踏まえ、ここでは最上の護身具として催涙スプレーをお勧めします。

    これだと相手から距離をおいて使用でき、また、薬物ではなく、天然成分を使用したものであれば一時的な痛み以外に人体に影響はありません。
    そして使用法も簡単で女性や年配の方にでも扱えます。

    ただ、ここで注意しないといけないのが、催涙スプレーの性能を理解しておく、ということです。
    使用法は普通のスプレーと同じですが、室内での使用や、追い風で使用した場合、自分自身がガスを被る可能性があります。

    ある女性が、エレベーターに乗ったところ、一緒に乗り込んできた男に後ろから抱きつかれました。この女性は携帯していた催涙スプレーを使用し、難を逃れたそうですが、催涙スプレーを使用するとき、自分に効果が出ないように片手で口と鼻を押さえ、暴漢にガスを吹きかけたそうです。

    この女性のように、いざというときに、冷静に護身用具を使えるように普段から使用法と効果を知っておくことが必要です。

    また、ガスの噴射は状態は霧状ではなく、半液状のものを選んでください。
    これだと風の影響も受けずらく、霧状のものより狙いやすくなります。

    催涙スプレーを選ぶ際のポイント
     1: 半液状で最低3m以上は噴射力があるもの。
     2: 使用ガスは天然成分など、人体に後遺症を残さない。
     3: 正規の輸入品であること。

    催涙スプレーを購入の際には以上の点に注意してください。

    | 護身用具 | 03:38 | - | trackbacks(0) | - | - |

    Sponsored Links

    http://securityblog.legion-jp.com/trackback/75839